外壁塗装をするタイミングと依頼するときに考えること

サイトマップ

一軒家

RECENT NEWS

オレンジ色の家

外壁塗装は業者選びが肝心

外壁塗装というのは、年数経過と共に徐々に劣化していきます。そして塗装が劣化してしまったら、しっ…

赤い屋根の家

外壁塗装業者は一括見積もりで選ぶ

外壁塗装で失敗をしたくないという方は、しっかりと質の高い業者を選ばないといけません。しかしその…

青い屋根の家

外壁塗装をする際の要注意点

戸建ての家が10年たった頃、外壁に細かいひび割れが目立つようになってきました。ひび割れを放置す…

黄緑色の屋根の家

外壁塗装業者の選び方

外壁塗装をする時期がやってきました。毎日のようにポストには塗装の広告が入ってきますし、勧誘の電…

外壁塗装を依頼するタイミングは?

家のシルエット

東松山市に新築の家を建てたり買ったりしても、時間が経つうちに外壁は必ず痛んできますし、色も褪せてきます。そろそろ外壁塗装をお願いしたほうがいいかな?もう少し大丈夫かな?と考えてしまいますよね。外壁塗装は安いものではないのでなおさらです。
では、いつ塗り替えをすると良いでしょうか?一般的に塗り替え時期は、10年から15年と言われています。なぜこれほどの差があるのかというと、家が建っている土地の条件によって、壁の痛み具合が変わってくるからです。例えば、海のそばで海風が当たりやすいところや、周りに建物がなく風雨が強く当たるところは当然壁も傷みやすくなります。また、前回どのようなペンキを使ったかにも左右されます。それで、一概に何年に一回塗り替えるべきとは言えないのです。
では、外壁塗装を頼むタイミングはいつにすると良いでしょうか?まず自分の家をよく眺めてみましょう。色あせていますか?苔は生えてきていますか?ヒビが入っていませんか?
次に触ってみましょう。手にチョークの粉のような白い粉が付きますか?こんな状態に当てはまれば、塗り替えの時期と言えるでしょう。家の状態がひどくならないうちに、外壁塗装をしたり修繕したりしていけば、家は長持ちします。ぜひ、タイミングを逃さず、家を美しい状態に保つようにしましょう。

外壁塗装を業者に依頼するときに考えること

自宅などの外壁塗装をするときに気おつけておきたいことが2点あります。
まず1点目が自分が塗ろうとしている壁などの材料について調べておき、どういった塗料が良いのかくということを知っておくということです。それは業者に見積りを依頼したときに、どのような塗料で塗装するのかを確認する必要があるからです。見積り価格が安いと思っていたら、外壁材に適していない塗料で見積をしていたということも考えられるからです。適していないもので外壁塗装をしてしまうと塗膜が早く傷むことが考えられ、そうなると塗り直しが必要になってします。
2点目には外壁が補修が必要であるか確認しておくことです。壁などに穴やひび割れなどがあり処置を施さないで塗装をしてしまうと、その部分から水などが建物内部に入ってしまうのです。きれいに塗れたと喜んでいると、雨水が侵入して構造体をむしばんでいたということにもなりかねません。そうなると塗装をした意味がなくなってしまいます。
良い外壁塗装をしてもらうためには、丁寧な仕事を行う塗装業者を選択することが重要なポイントとなります。ですから、外壁塗装を考える前段階として自分にとって最良な業者を先に探しておくことが大事なのです。

どうして外壁塗装が必要なのか

外壁塗装というはなぜ必要なのか、意外と知らない方も少なくないのではないでしょうか。したがって、その外壁塗装の必要性について、これから皆さんにご説明していきたいと思います。
外壁塗装というのは、見た目を綺麗に見せるという目的もありますが、それ以外にも外壁を外気などから守るという役割もあります。これがないと、外壁自体がすぐに雨風などにやられて劣化していまいます。そういった意味で外壁塗装は外壁保護のためにはとても大切であると言えるでしょう。しかし、この塗装というのは、何年かたつと劣化してしまいその役目を果たせなくなってしまいます。そのタイミングでしっかりと外壁塗装の塗り直しをしないと建物に悪影響が出てしまうと言えます。
塗装劣化の年数の目安はだいたい10年になります。そのタイミングで、毎回外壁塗装をするようになさってください。また10年たっていない場合にも、ひび割れが出てしまっている場合などには塗装の塗り直しをするようにしてください。
劣化しているのに放置していると、外壁の腐食などの取り返しのつかない事態になってしまいます。外壁塗装の必要性をしっかりと認識して、必要な時には迅速に外壁塗装の塗り直しを行うようにしてください。

TOPへ